悩みの静脈瘤の治療に関する情報をお届けしています。

静脈瘤へのレーザーによる治療


静脈瘤へのレーザーによる治療
貴方にも身体に関する何かしらの悩みを持っているかと思いますが、さてその悩みはどのようにして解消させますか?
自分で出来る簡単な悩みでしたら問題ありませんが、ほぼ不可能な悩みでしたら美容整形を選択肢にいれてみましょう。 最近急速に普及してきているのが、レーザーを使った静脈瘤の治療法なのです。
レーザー治療は、局所麻酔のみで皮膚を切ることなく施術することができ、痛みや傷跡がほとんど残りません。今まで弁が壊れた静脈を手術によって引き抜く「ストリッピング手術」が主流でした。
しかしこの手術では傷跡が残ってしまったり、1?2週間の入院が必要になるなど患者の負担も高いというデメリットがあったのです。静脈瘤というのは、足の静脈の血液が本来とは逆の方向に逆流してしまうのを防ぐ弁が機能不全に陥ってしまうことです。
その結果血液が静脈内にどんどんと溜まってしまうことによって発症してしまう病気なのです。




静脈瘤へのレーザーによる治療ブログ:2018/10/21

子どもが生まれて一ヶ月とちょっと経ったある日、
お宮参りに行ってきました。

6時からバタバタと準備をし、駅へ向かいました。
待ち合わせをしていたのです。

待ち合わせをしていたのはわたしのお母さん。
忙しい中都合をつけてくれて、
一緒にお参りすることになっていたのです。

お母さんと落ち合った後、
そこからすぐ近くの神社に向かいました。
その短い時間に、お母さんはもう孫に夢中です。

寝てるだの起きただのと、はしゃいでいたのでした。
「こんなにはしゃぐんだ~」と、はしゃぐお母さんの姿を見て、
新鮮というか、少し意外な感じがしました。

神社に到着してご祈祷をしてもらうまでの間、
待合室で少し待つことになり、
そこでお母さんが子どもを抱いてあやしていました。

その姿を見て、わたしはびっくりしました。
お母さんが子どもを抱く時、
なんだかおっかなびっくりな様子だったのです。

そして、
お母さんのうでの中で子どもが少しグズり出すと、
あわててこう言うのです。

「ごめんね~、ママと抱き方が違うから嫌なのかな~、ごめんね~」
その様子とその言葉を聞いて、びっくりしました。

何にびっくりしたかというと、
わたしの知らないお母さんの姿を見たことに
びっくりしたのです。

わたしの中では、
2人も子どもを育て上げたのだから、
赤ちゃんの扱いなんて余裕しゃくしゃくで、
少々グズろうが泣きわめこうが、涼しい顔をしているのが、
お母さんだと思っていました。

ところが、
実際はそうではありませんでした。

まぁ、生まれたての赤ちゃんを抱くのは
おそらくわたしが赤ちゃんの時以来ですから、
30年くらいはブランクがあるわけで、
おっかなびっくりになる無理もないのかなぁと思うのですが、
その姿が、本当に意外だったんですよね!

静脈瘤へのレーザーによる治療

静脈瘤へのレーザーによる治療

★メニュー

くりぬき法とQスイッチレーザーでホクロ治療
早急に皮膚改善出来るしみ治療
有効なレーザーを皮膚に効果的に照射しそばかすの治療
レディエッセのプチ隆鼻術で理想的な施術
若返りなら効果的なボトックス注射
お肌のハリを取り戻し美しくするフェイスリフト
豊胸手術で人気のヒアルロン酸を使った施術
最も有効的な肝斑治療の方法
悩めるニキビを治すなら皮膚科や美容クリニック
静脈瘤へのレーザーによる治療


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)美容整形完璧情報CLUB