フェイスリフトで理想的な顔を作るお役立ち情報をご案内しています。

お肌のハリを取り戻し美しくするフェイスリフト



お肌のハリを取り戻し美しくするフェイスリフトブログ:2014/1/29


朝!って感じの朝ですー

最近、減量をする時に、
炭水化物を天敵とする傾向が強くなっているような気がします。

炭水化物は消費されないと
体脂肪という形で貯蔵をされてしまうということが
知られるようになってから、
その傾向が強くなっていると思うんです。

確かに、過剰に炭水化物を摂取することは
減量の見地からみると逆効果につながりかねません。
でも、あくまでも「過剰に」摂取した場合なんですよね。

オレの周りにも、
「炭水化物抜き減量」をしている友人がいますが…
オレは、炭水化物を全く抜く減量というのは
危険だと思います。

その理由は、脳との関係にあります。

脳というのは、エネルギーを貯蔵することができません。
ですから、常に栄養分を供給する必要があります。

脳というのは特殊な組織で、
ブドウ糖でないとエネルギー源として使うことはできないそうです。
ブドウ糖というのは、炭水化物を分解したときにできるものですから、
炭水化物を食べる事から極端に減らすことは、
脳にとって危機につながりかねないのです。

実際、
食べる事から炭水化物を極端になくしてしまうと、
頭がボーっとすることがあるといわれています。

頭がうまく回転しないのは、
炭水化物の供給が減ったことで、
脳が栄養不足を起こしている可能性があるんですよね。

どうしても、体脂肪が気になるという人は、
14時間、活動する時間帯に炭水化物を摂取するようにしましょう。

炭水化物は、すぐエネルギー源として活用されます。
なので、活動的な14時間に食べても、
すぐに消費される可能性が高いです。

減量も大事ですけど、
身体や脳の健康の方がもっと大事なんじゃないでしょうか?

とっぴんぱらりのぷう
お肌のハリを取り戻し美しくするフェイスリフト

お肌のハリを取り戻し美しくするフェイスリフト

★メニュー

くりぬき法とQスイッチレーザーでホクロ治療
早急に皮膚改善出来るしみ治療
有効なレーザーを皮膚に効果的に照射しそばかすの治療
レディエッセのプチ隆鼻術で理想的な施術
若返りなら効果的なボトックス注射
お肌のハリを取り戻し美しくするフェイスリフト
豊胸手術で人気のヒアルロン酸を使った施術
最も有効的な肝斑治療の方法
悩めるニキビを治すなら皮膚科や美容クリニック
静脈瘤へのレーザーによる治療


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)美容整形完璧情報CLUB